HOME>トピックス>デザイン関係もあると良い

実務的にはどのようなことをする役職なのか

家庭用ゲームや急速な伸びを見せているスマホゲームなどの需要増から、注目を集めている職業の一つにゲームデザイナーがあります。ゲームデザイナーはその名の通り、ゲーム全体をデザインするという仕事をおこないます。そのデザインとはゲームの世界観の設定や大まかなストーリー、使用するシステムの企画や構成にも携わります。さらにはゲームのグラフィックやキャラクターの設定などといった本来のデザインという言葉通りの業務にも携わる、そのゲームの全体像を作り出すゲーム作りにおいて非常に重要な役職といえます。このようにさまざまな職務に関わるため、職務に当たるには資格は必要ではないですが、関連する資格を持っておいて損はありません。

PC業務に関するスキルがあると良い

まず、ゲームデザイナーが持っておいて損のない資格にCGクリエイター検定があります。ゲームの魅力ともいえるキャラクターのデザインをおこなうにあたって重要な資格の1つです。その他実務的な資格としてC言語やJavaなどのプログラミング言語の能力認定試験なども持っておくと良いでしょう。

デザインに関する知識も有しておこう

その他、デザインという観点から色彩検定などもゲームデザイナーの仕事に有益なものといえます。背景の色などを設定する際に知っておくと良い知識などが得られます。技術面とデザイン面の両面に対応できるようなスキルを持てるような資格選びをすることが大事です。

広告募集中