通うメリットが多い

描く人

イラストレーターや漫画家を目指す人が様々なこと学習したい場合には、専門の高校に通って継続的に技術や知識を習得したほうが良いです。イラストは早い段階で基本的な技術を習得しておくと、将来的に有利になることが多いので、高校の段階で専門性の高い学校に通うことができれば、プロのイラストレーターになれるチャンスが大きく広がります。多くの学生が通っている高校なら、各種のカリキュラムが充実しており、基礎的な部分から丁寧に指導してくれることから、今までイラストを描いてこなかったようなケースでも問題ありません。基本的にこれらの高校ではプロのイラストレーターが講師となっており、専門的で実用的なスキルを生徒のレベルに合わせて教えてくれます。

デジタルでのスキルが重要

原稿

デジタルで描くことが多い現代のイラストでは、使用するアプリケーションの機能をフルに活用する必要があります。特に高度なイラストレーションで自分を表現したい場合には、様々な機能を使いこなすことが大切です。イラストの高校ならすべての生徒が自由にハイスペックのパソコンを使用することが可能となっており、最先端のグラフィックソフトで絵を描くことができます。もちろん専属の講師がグラフィックソフトの使い方に関してレクチャーをしてくれて、わからない部分を集中的に指導してくれるので、アプリケーションを高度に使いこなすことが可能です。また通常のイラストだけではなく、3DCGの授業も充実しているので、自分の作品の幅を大きく広げることもできます。自分で描いた作品は様々な形で評価され、改善点を指摘してもらうことができることから、着実にイラストのスキルを高めることができます。

高度な技術に対応する

絵を描く

イラストを高度に習得するためには、美術的な専門知識や技能がどうしても必要になってきます。特にパースペクティブや色彩に関連する知識は、イラストを高いレベルで描いていくためには、様々な形で習得していかないといけません。イラストの高校であれば、継続的にパースペクティブや色彩について知識を提供してくれるので、自然と理解して活用できるようになります。もちろんわからない部分を講師に相談をしたり、実際に講師に実践してもらって理解を深めることも可能です。構造的に複雑なアートワークを完成させるためには、物質を構造として捉える必要があります。そういった物質の捉え方に関しても、イラストの高校であれば最先端のアプローチを紹介してくれるのですぐに理解できます。

広告募集中